トップページ > 患者さんの声

患者さんの声

当院で治療や手術を受けられた、患者さんの声です。

耳の治療や手術を受けた方

T・Aさんの声

NO IMAGE
  • 患者氏名:T・Aさん
  • 性別:男性
  • 年齢:6歳
  • 居住地:大阪府岸和田市
  • 手術日・術式
  • 平成23年8月22日:鼓室形成術

手術後いかがですか

(父)感じは、本人が聞こえる、聞こえないは行ってくれないが、耳だれがなくなってるし、点耳もなくなっているので、親からしても変わってきているように感じますね。以前はもう消毒、消毒で来てたんで、それがもう「せんでいいよ」ってなってるんで親としては安心ですね。

左耳どうですか、気持ち悪さはなくなりましたか

(本人)気持ち悪さはなくなった。

最近、状態も落ち着いてきたんではないですか

(父)通院ペースも、おかげさまで落ち着いてきて、2週間に1回くらいのペースになってきました。保育園でも水泳教室があるんやけど、耳がこういう状態やから、ずっと入られへんからね。

小さいお子様で手術を、と考えている親御さんにメッセージをお願いします

(父)そうですね、まあ、手術する、というのは先生が決めはるんですけど、僕らも決めるんですけど、まあ、なんせ小学校入るまでに、小学校入ったら、やっぱり勉強とかあるじゃないですか。そうなってきたら、ねえ、そこで手術、となったらちょっと子ども的にもかわいそうかなと思うから、やっぱりそれまでに親としては踏み込みたかったんで、あともう1回手術残ってるんですけど、小学校入るまでに、やってあげたいと親からの希望としてはあるんで。で、先生もそれまでにはできる、とおっしゃってたんで、なるべくそれに沿う形でやっていただいてるんで、ほんま、ありがたいですわ。

▲ページTOPへ

吉村 サヨ子さんの声

吉村 サヨ子さん
  • 氏名:吉村 サヨ子さん
  • 性別:女性
  • 年齢:69歳
  • 居住地:大阪府堺市南区
  • 手術日・術式
  • 平成23年8月29日:鼓室形成術

手術を受けたのはいつごろですか

今年の8月です。右耳の手術を受けました。

以前から当院に通院されていましたか

平成8年に咲花病院で耳の手術をしていただいたんですが、老木先生のお父様が和泉府中で長いこと診察をされていたので、老木医院ならいいんじゃないかと、主人も老木先生のお父様のところへ通院していたものですから、友人からも聞いて。最近耳鳴りがして、またひょっとしたら、耳に穴があいてるんではないかという気がしてね、案の定、穴があいておりました。年も70才近いので、このまま痛くもかゆくもないし、もうおいといてもいいのかな、というふうに思っていたんですが、今よりも少しでも良くなれば、という気持ちで手術を受けさせていただきました。

手術後いかがですか。

あのねえ、以前は(右耳は)ほとんど聞こえてなかったんですが、聞こえるようになって、少しでも良くなった気がして、先日姉から電話がかかってきたときに右耳で聞いてみたら、要件は聞き取れるようになったので、手術して少しでも良くなったなあ、というふうに感じています。

手術を受ける方にメッセージを

そうですね、もうそのね、完治する、ということはもともと持っておりませんでしたので、ただ、生活において少しでも聞こえるようになれば、あるいは耳鳴りが半分にでもなれば、あるいは3分の1でも減ったら、とそのような気持ちでね、やはりここで手術を受けて少しでも良くなったら、今後の人生も良くなると。だから手術を受けて本当によかったと思っています。全身麻酔は、怖い、不安だというのはあると思います。ああ、このまま戻らなかったらどうしよう、このまま死んでしまったらどうしよう、でも痛くもかゆくもないし、まあそれもいいんじゃない、というような軽い気持ちでね。手術室に入ってしまったら、全くわからないので、いいんじゃない、とそんな感じです。

▲ページTOPへ

宮本 葵さんの声

NO IMAGE
  • 氏名:宮本 葵さん
  • 性別:男性
  • 年齢:15歳
  • 居住地:大阪府岸和田市
  • 手術日・術式
  • 平成23年8月16日:鼓室形成術

手術を受けたのはいつですか

夏休みの間です。右耳の手術です。

手術前の症状は

ちっちゃいときから中耳炎で、いろんなところに通院していました。最初は耳だれがあったんですけど、それが落ち着いてきたので手術を受けました。

以前から当院をご存知でしたか

岸和田徳洲会病院に通院していたんですけど、そこの先生が辞められるということで、紹介をしてもらいました。手術もしてもらえるんで、ということで。

手術後いかがですか

まだ完全には聞こえていないですけど、以前は耳にサポーターをしながら学校に行っていたので、右側からのものに反応できないことが多くて、学校にも行きづらかったんですけど、最近は行けるようになってきました。

手術を受けてよかったと思った点は

ずっと中耳炎で病院に行くのも面倒くさくて、学校も休んだりしてたんですけど、手術を受けたあとは、病院に行く回数も減ったので、よかったなあと思っています。

手術を受ける方にメッセージを

全身麻酔が怖かったんですけど、実際はガス吸っていつの間にか眠ってたんで、まあそんなにこわくなかったし、入院中もみんな気さくでしたし、手術をいざ受けるときもそんなに怖くなかったので、大丈夫かなと思います。

▲ページTOPへ

A・Iさんの声

NO IMAGE
  • 患者氏名:A・Iさん
  • 性別:男性
  • 年齢:9歳
  • 居住地:大阪府堺市南区
  • 手術日・術式
  • 平成23年9月27日:鼓室形成術

手術を考えられた理由は

(母)鼓膜に穴があいていた状態が続いていたので、プールはずっと入れないし、まあ耳栓をすれば入っていい、とは言われていたんですけど、やっぱり限られてますよね、ガーっとはできないし、でも4年生にもなれば、友達同士で夏にプールも行きたいだろうし、でも自分は行けない、ということもあるので、小学校の間に治してあげたいなというのが大きな理由ですね。

以前から通院されていたんですか

(母)もともと尼崎に住んでおりまして、堺市に引っ越してきたのが3年程前です。ミノヤマ耳鼻咽喉科さんに通っていて、こちらを紹介していただいて、去年にチューブを取る手術をまずしたんですけど、鼓膜に穴が残っているので、それを閉じる手術を今年受けました。

手術の話を聞いたときはいかがでしたか

(母)ええ、またか、というのはありましたが、しないといけないのであれば、小学校のうちにとは思いました。全身麻酔というのが不安には感じましたけど。

手術後いかがですか

(母)今回手術して、運動できないのがまだストレスですが、あと半年経ったら、もう片方も手術してもらえるので、あと一年経ったらいろんなことができるから、という話をしていますし、家族の間でも治ってきてて良かったね、という話にはなっています。

手術を受ける方へのメッセージを

(母)できたら早めに手術を受けさせてあげる方がいいと思いますし、おそらく病院へ行くのもお母さんにストレスがかかると思うので、耳鼻科はどこも混んでることが多いから私もストレスを感じたこともありますし、ただ手術を受けてから通院の頻度も減りましたし、お子さんにとってもいいんじゃないかなと思います。やらなくても治るんじゃないかってどっかで思ってたんですよ。こんだけ病院に通ってるんだから、と。でもそれが何ヶ月も続いたので、ダメかなと思ったので。だから先生に手術の話を聞いたときは親にとっても子供にとってもいいんじゃないかなと思います。

▲ページTOPへ

M・Iさんの声

NO IMAGE
  • 患者氏名:M・Iさん
  • 性別:男性
  • 年齢:70歳代
  • 居住地:大阪府堺市南区
  • 手術日・術式
  • 平成23年9月13日:鼓室形成術

以前から老木医院に通院されていたんですか

以前から耳が悪かったんやけど、仕事の関係もあって、九州へ行ったり、その後こっちへ帰ってきて。で、ちょっと鼻がムズムズするんで診てもらおうと思って来たんですよ。そのときに耳も診てもらって、手術の話になりましたから思い切ってと思いました。

手術の話を聞いていかがでしたか

化膿とか耳鳴りとかはなかったんですが、以前から(手術をしないといけないと)思ってましたね。若いときからやったからね。ちょっと疲れると、ときどき鈍痛があったりもしたし。山とかを登ると、耳が痛くなって、おさえると少しマシになったりもするんやけど。ああ、これは手術した方がいいんやろなとは。

手術を受けるにあたっての不安は

もう先生に任せて、不安はなかったですよ。手術後少し痛みはあったけど、いまはもう大丈夫。

手術後いかがですか

だいぶよく聞こえるような気がします。

手術を受ける方へのメッセージを

いっぺん診てもらって、検査してもらって、鼓膜がやぶれたままだと気を遣うからね、頭を洗うにしても。そんなときはやっぱ手術をした方がいいと思いますよ。

▲ページTOPへ

匿名希望さんの声

NO IMAGE
  • 患者氏名:匿名希望さん
  • 性別:男性
  • 年齢:16歳
  • 居住地:大阪府貝塚市
  • 手術日・術式
  • 平成23年7月25日:鼓室形成術

手術後の経過はいかがですか

(母)手術後、耳はとても順調で、電話とかでも右耳で聞いているような、そんな状況です。思ったより早く回復しているので、本人の意識として、手術をしたという感覚はなくなってきているのかなと。耳だれが出なくなったので、それが一番だと思います。以前は気持ちが悪いのとまた出た、また出た、という不安があったので、それがなくなって本人はほっとしていると思います。止まったと思ったら、また出たの繰り返しもあったので。

以前から当院には通院されていますか

(母)いま高1なんですけど、小4から通院しています。

手術に対する不安はありましたか

(母)手術に関する不安はなかったんですけど、真珠腫の手術は一回で終わる人もいれば、二回に分けてする人もいるということで、二回になったらいやだなあとは本人も言っていました。そういう不安はありました。一回で終わらせていただいたので、よかったなと思いました。

手術を受ける方へのメッセージを

(母)手術を安心して受けられる病院なので、今まで転勤が多かったので、いろんな病院にかかったんですけど、ここがやっぱり本人も一番安心、信頼しているので、一度診察に来られたら良さがわかると思います。

▲ページTOPへ

平松 誠さんの声

平松 誠さん
  • 患者氏名:平松 誠さん
  • 性別:男性
  • 年齢:68歳
  • 居住地:兵庫県西宮市
  • 手術日・術式
  • 平成21年9月7日:鼓室形成術
  • 平成23年6月7日:鼓室形成術

お住まいは兵庫県ですね。通院はお車ですか。

いえいえ、電車で来ています。約2時間くらいですかね。職場が大阪ですからね。大丈夫。

手術はいつ受けられましたか

左耳は今年の6月。右耳は去年の6月だったかな。

手術後をいかがですか

十分満足していますよ。現時点では左の方が悪いんですけど、それは田邉先生もわかっていただいているし、少しずつ回復してくるだろうということで、外科的にはパーフェクトに山本先生、田邉先生がやっていただいているから安心しています。

手術前後で一番変わった点は

以前は補聴器を入れてました。いまはまったく補聴器を付けていません。

手術に対する不安は

とくになかったですよ。手術の説明も十分してもらったし。ここへ来るにも知識持ってきたし、ここへ来る前の耳鼻咽喉科の先生がみんな薦めてくれたし。30年来の知り合いで耳鼻咽喉科の先生がいるんやけど、山本先生だったら、大丈夫だと、田邉先生も大丈夫だと。僕自身は先生を信じちゃう方だから。

当院は以前通院されていた耳鼻咽喉科の先生に紹介されたのですね

そうそう。聞こえなくなってきたから、もう手術しかない、ということで。右耳の手術の左耳の手術の間があいているのは、僕が途中で直腸の病気になってしまって。いまは大丈夫です。

手術を受ける方へのメッセージを

やっぱ名医を選べ、ということやね。いろんな雑誌に出てますやん、山本先生は。田邉先生も有名になってきてるしね。いまの時代はパソコンや何やで名医を探してね、探して行ってみて安心感を持つということかな。ここの病院のやり方というのは非常にやさしいわね。患者にいたれり尽くせりで説明していただけるし、普通はこわいじゃないですか、手術をうけるというのは。で、普通なら手術を受けて、数ヶ月で良くなりますよ、治りますよと言われて待って、あんまり変わらなかったら、早く治してくれって文句も言いたくなるんやけど、ここの場合は安心して「長い目で見とってや」と思えますね。ここへ来る前の耳鼻咽喉科さん、大阪の住吉と兵庫の須磨に行きましたが、両方とも老木医院、とおっしゃるんですよ。老木医院がこういうところだと説明されたからね。それだけ離れてる先生方両方からお薦めされるんですからね。

▲ページTOPへ

山戸 大地さんの声

山戸 大地さん
  • 患者氏名:山戸 大地さん
  • 性別:男性
  • 年齢:17歳
  • 居住地:大阪府和泉市
  • 手術日・術式
  • 平成23年8月23日:鼓室形成術

手術後いかがですか

(母)やっぱり耳だれは以前はよく言っていたんですけど、今はまったくないので、もっと早くできてたらよかったとも思いますけど。

いま高3ということですが、何かスポーツをされてるんですか

(母)陸上をやっています。

以前から当院に通院されていましたか

(母)小さいときに一度と何回か小学生のときも来ていました。

手術の話が出たとき、どうお感じになりましたか

(母)えらいことになってるんや、と思いました。
(本人)正直怖かった部分もありました。

手術をしようと決意したポイントは何ですか

(本人)自分の耳を治してくれるっていうことで、恐怖感はありましたけど、治るっていうので決めました。
(母)以前から耳だれがすごくって、においも結構してて、耳がやわらかいのは小さいときからだったので、それはそれでいいものかと思ってたんですけど、においとかしだしてきて、それがなくなると思ったら、やっぱり手術はちゃんとしてあげて、治るんであればいいかなと思いました。耳はやわらかいですけど、においは全くなくてよかったなと思っています。

手術を受ける方へのメッセージを

(本人)先生の方々は病気を治す方法を知っているので、患者さんもつらいとは思いますが、先生たちが応援してくれるのでがんばってほしいと思います。
(母)もうちょっと早くできていたら、本人も痛い体験をしたときもあったんですけど、今まで大きな病気にかかったことがないので、手術というのも本人もかなりこわがっていたんですけど、老木医院は良いというのも聞いていたし、大きな病院で手術、というのも考えたんですけど、やっぱり専門でされてるので、しっかり治していただけるんであれば、手術を受けたほうがいいよとも言ってもらったので、いますごく調子もいいので、よかったなと思いますね。

▲ページTOPへ

I・Kさんの声

NO IMAGE
  • 患者氏名:I・Kさん
  • 性別:女性
  • 年齢:44歳
  • 居住地:大阪府堺市西区
  • 手術日・術式
  • 平成23年8月8日:鼓室形成術

手術を受けたのはいつですか

今年の8月です。

以前から当院に通院されていましたか

家が堺なので、家の近くで診てもらっていて、で経過観察してたんですけど、良くならないので、手術の方がいいとのことで、紹介を受けて来ました。

以前から耳の症状は気になってたんですか

そうですね。鼓膜に穴があいたままだったので、それが気になりつつ、症状が何もなかったので、そのまま放置していました。以前も鼓膜に穴があいて、自然にふさがっていたんですが、今回はそうではなかったので。

手術の話が出たときはどう感じましたか

仕事の休みが取れない状況やったから、手術自体は1泊2日だったので、短くてよかったんですが、その後がけっこうかかると言われて、手術やめようかと、考えたこともありました。休みが取れてよかったんですけど。

手術後いかがですか

一応まあ、あの、今までも穴が空いてたんですが、それを気にしないでおれるので、よかったなと。

手術を決めたポイントは

(紹介元で)最初に手術を勧められたときに、いくつか選択肢があったんですけど、手術後通院しやすいのは老木医院かなと思って、ここにしました。

手術を受ける方へメッセージを

入院が短期間で済んだのが一番ですね。特に1泊2日というのが周りもびっくりしてて、手術もめまいとか心配だった症状も何もなかったので、かえって休んでいる間の2週間がイライラしていました。仕事行ってもいけるんちゃうん、行ってもいいんちゃうん、とは思っていました。でもアカン、て言われたしなと思って。

それくらい調子がよかったということですね

そうですね。よかったと思います。

▲ページTOPへ

鼻の治療や手術を受けた方

木村 愼仁さんの声

木村 愼仁さん
  • 患者氏名:木村 愼仁さん
  • 性別:男性
  • 年齢:60歳
  • 居住地:大阪府高石市
  • 手術日・術式
  • 平成23年7月14日:鼻中隔矯正術、粘膜下下鼻甲介骨切除術、上顎洞篩骨洞根治手術

手術から3ヶ月経過しましたが、いかがですか?

とてもいいです。鼻がつまることがなくなりました。

手術を受けようと思ったときの期待は上回りましたか?

期待通りですね。かなり楽になりました。手術を受けないといけないくらいつまっているという気はあった。それくらい困っていた。内視鏡でできると聞いて、入院も短期間で済むし、やってみようという気になった。

不安な点は?

花粉(春)の時期がどうなるのか、どれだけの状態になるのかということ。

今後手術を受けようと思っている方へのアドバイス等があれば教えてください。

もっと苦しいかと思ったがそうでもなかった。術後しばらくガーゼをつめておかないといけないのが、鼻づまりの再現のような感じでつらかったが、それが取れたあとは本当にすっきりで、「こんな風になるのか」と思った。手術を受ける前は、(鼻づまりだったので)鼻声でいい声が出ていたが、手術を受けたあとすっきりしすぎて、いい鼻声が出なくなったので、自分としてはもう少しうまく歌えるはずなのに、と思っている。

▲ページTOPへ

吉村 邦紀さんの声

NO IMAGE
  • 患者氏名:吉村邦紀さん
  • 性別:男性
  • 年齢:58歳
  • 居住地:大阪府泉佐野市
  • 手術日・術式
  • 平成23年10月13日:鼻中隔矯正術、粘膜下下鼻甲介骨切除術

手術後の経過はいかがですか?

右が通ってなくてですね、手術したんですけど、こんなに良くなるのか、今までどんな鼻してたんだと思いました。そう思うくらいよく通ってます。左は通ってたんで、右だけ悪いのかなと思って、こちらに見えたところ、CT撮ったら両方悪いと。まあ、手術はたぶん両方だと思うんですが、左は通ってたんですけども、左はさらに通ってますね。

手術を受けようと決意された理由は?

慢性副鼻腔炎、ということでかなり前から悪かったんですが、痛くもかゆくもないので、放ってたんですね。ただ右がつまっているだけで、生活には支障がなかったんですが、私も58歳で、会社もあとそんなに長くない、で私の健康保険組合が手術分をほとんどカバーしてくれるということで、保険のあるうちに思い切ってやらないといけない、ということで、まあ本屋さんに行って、鼻の手術のことを調べさせていただいて、怖いし、いやだったけど、ここ(=老木医院)だと思って、気合いを入れて来ました。

手術を受けるにあたっての不安は?

昔、新聞でですね、内視鏡の手術とか、そういうことを知りまして、昔だったらここ(唇の裏)を切りましたでしょ、あれだったら怖くてできなかったでしょうけど、内視鏡の手術になってきてるということで、全身麻酔で、まあやってる間は痛くもかゆくもないだろうということで、自分に言い聞かせて、決意しました。医療の発達と、どうせするんだったら早いほうがいいだろうとも思いました。

Q:今後手術を受ける人へのメッセージを

やっぱりやらないより、やった方が全然調子がいいですんで、鼻の通りとか、気持ちがいいです。手術を受けるのは不安、という気はしますが、実際、寝ている間に終わってしまいますんで、やっぱし早いほうがいいですなあ。

▲ページTOPへ

太田 幹夫さんの声

太田 幹夫さん
  • 患者氏名:太田 幹夫さん
  • 性別:男性
  • 年齢:73歳
  • 居住地:大阪府堺市中区
  • 手術日・術式
  • 平成21年10月13日:鼻中隔矯正術、鼻内篩骨洞根治手術、ポリープ切除術 他

手術を受けていかがですか

おかげさまで、すごく順調です。すごくつまっててね、近所の林先生に紹介してもらって、それで手術をしてもらって、もう・・・正解でした。

手術、という話になって率直にどう感じましたか

そうですね、まあ、手術、ということはびっくりしますよね。全身麻酔ということでね。まあ、もうまな板に乗ってしもうたら、あとは腰据えて、まあ結果良かったです。

手術を受けるにあたって何か不安な点はありましたか。

そらあ、不安ですよ、もう。全身麻酔って聞いたからね。不安でしたけどね。

手術前後で大きく違うと感じられる点は何ですか。

まあ、鼻づまり、それも長いことやからね。頭がすごくさえてます。ぼーっとなってね。頭スカーっとしてます。あと、みなさん看護婦さんスタッフさんが親切やったからね。もうすごくよかったです。

当院では手術を受けた方にお手紙を出しています。今回太田さんにもお出ししたと思いますが、いかがですか。

うれしかったですよ。だから送るより、直接来ようと。それでちょっと診てもらって、先生の顔も見せてもらおうかなと。ひまやしね。まあ、遊びがてら来たんです。前回は1年前だったかな、送らせてもらったんですが、今回も2回目やったから、堺やし、近いからね。

今後手術を受ける人へのメッセージを

思い切ってやってほしいね。苦しみもないしね。ただ、手術後1週間くらいは鼻にガーゼを入れておくのが、少しごはんが食べづらかったですね。それだけ。多少出血はあるから、鼻の中に入れておかないといけないのでね。それがちょっとつらかったね。あとは(それを乗り越えたら)すっきりします。出血が止まって、あれをはずしたときの気持ちといったら、何とも言えません。ああいう気持ちは、言葉で表せません。

▲ページTOPへ

M・Yさんの声

NO IMAGE
  • 患者氏名:M・Yさん
  • 性別:男性
  • 年齢:62歳
  • 居住地:三重県伊賀市
  • 手術日・術式
  • 平成15年6月10日:鼻腔粘膜焼灼術、粘膜下下鼻甲介骨切除術
  • 平成15年7月15日:鼓室形成術

Q:遠方からいつもありがとうございます。当院に通院されることになったきっかけはありますか。

もうずっとね、どっか耳鼻科へかかってるわけですよ。え-、ちっちゃいときは、まあ、田舎が伊賀ですからね、名張の方のお医者さんにね、かかっててねえ。毎日のように通ってたんですよ。で、高校生のときに一回手術したんですよ。大阪市大で。その先生は、○△先生というんですけど、○△という先生で。その人に手術してもうて、両方やってもうて、二回やって。聞こえなくなったでね。鼓室形成手術やってもらって、結構聞こえたんですわ。それで補聴器もなしに。しばらくは補聴器なしで何とかいったんですわ。ほいで、大学出て、東京行って、少し聞こえづらくなって。そして結婚して子ども産まれたときに、風邪をこじらしたんですよ。ほんで、またおかしくなって。だから、耳鼻科は何年もかかってきたけどねえ、老木先生は良いですよ。一番良いですわ。だから、遠いところでも通って来るんですよ。老木先生知らんかったとき、いろんな先生にかかってきたけど・・・あかんわ。

Q:どのような点で「良い」と感じられますか。

老木先生はやっぱり、もう、あの仕事熱心で、研究熱心で、一所懸命やいうのわかるもん。

Q:毎週、遠方から通われてますね

僕、会計事務所をやってまして、高速のインターの近くに事務所があるんですよ。インターで乗ってずっとでしょ。信号なしで来れますから、1時間10分。信号がないのでストレスがなく、来れるんですよ。スイスイ来れますよ。

Q:手術を受けて8年ほどになりますが、どうですか

もう、はっきり言うてあきらめてます。完全に治る、というのはあきらめてますけど、このままで、この聞こえで、仕事できたらね、良いんですよ。現状維持でね。老木さんを信用できる、いうのが良いんですよ。信頼できる、いうかね。信頼できるから、「この先生にかかってあかんかったら、しょうがない」と思うてますから。まあ、こんなこと言うたら失礼やけど、僕、ベンツで来てるけど、伊賀から来たら、そりゃえらいコストになりますよ。だけど、それは何も感じないんですよ。ありがたいから、来ますよねえ。「知ってる先生が松阪にいるから、その先生のところ紹介します」って言うてくれるんやけどね、結局時間で考えても一緒なんですよ。やっぱり信用できる先生でないとねえ。そこに尽きるよ、ほんと。老木先生の手つき見てたら、良い先生いうのはわかるからね。

▲ページTOPへ

田中 克彦さんの声

田中 克彦さん
  • 患者氏名:田中 克彦さん
  • 性別:男性
  • 年齢:70歳
  • 居住地:大阪府和泉市
  • 手術日・術式
  • 平成23年2月24日:上顎洞篩骨洞根治手術

Q:手術を受けられたのはいつごろですか

今年の2月20日くらいかな、鼻の手術です。

Q:手術前の症状はどのようなものでしたか

いやもう、鼻づまりですよ。数年前からですね。

Q:当院を知ったきっかけはなんでしょうか

老木医院には1年くらい前から来てました。鼻が気になっていて、時期が来たら手術したほうがいいよ、と院長に勧められて。そういうsuggestionがあったからね。

Q:手術の話が出たときの印象は

まああの、老木医院というのはホームページや雑誌でも見たことがあるし、近所でもいいお医者さんだと言うのは聞いているから、別になにも不安はなかった。安心してたよ。

Q:手術を受けてみていかがですか

そりゃもう、100%良くなったよね。100%ですわ。

Q:手術後もガーゼを入れたりしたりで大変ではなかったですか。

それは、もうそういうもんだと思っていたので、何の問題もなかったですよ。そのあとガーゼがとれたあとは、スッキリしたしね。

Q:これから手術を受ける方にメッセージを

お医者さんの助言というものは絶対的だと僕は思うんだよね。だからお医者さんが手術の方がいいんじゃないかというrecommendation出したら、それに沿った方法がいいと思う。薬で治る人もいると思いますが、それならそうだとおっしゃると思うので、手術の方がいいとおっしゃるなら、お医者さんの勧めに従った方がいいと思う。

▲ページTOPへ

のどの治療や手術を受けた方

中耳炎の手術を受けた女性患者様からの手紙

大阪府大阪市 Aさま

院長先生・スタッフご一同様

この度は大変お世話に相成りまして誠にありがとうございました。

大変やっかいな手術のようでありましたのに短期間で退院させていただき、自宅に要介護の母、2人を持つ私と致しましては、どんなにか有り難く思いました。

老木医院は従来の病院の形式にとらわれず、全く違った印象で目に入るもの全てが新鮮に映りました。

院長先生をはじめスタッフの方々の質の高さやあの笑顔と行き届いた心遣い等々これがまさに癒しの原点になっていると実感させていただきました。

重ね重ねお礼申し上げます。

今後益々のご発展をお祈りすると同時にまずは右お礼のご挨拶に替えさせていただきます。かしこ

▲ページTOPへ

中耳炎の手術を受けた女性患者様からの手紙

大阪府大阪市 Aさま

いつもお世話になります。

お花が玄関先できれいに咲いていて感じがいいですね。

先生のお話もわかりやすくてはっきりとおっしゃるので安心です。

▲ページTOPへ

  • メディアの取材を受けました 当院が各種メディアに取り上げられた実績をご紹介します。
  • 慢性中耳炎で手術が必要とのこと その手術、ほんとに必要??どこで受ければいいの?
  • 知ってましたか? 手術をしないほうが辛いケースは思いのほか多いんです。
ご購読はこちら
手術で人生の質を高めよう
老木医院のクレド-信条-
老木医院について
医師・スタッフの紹介
手術の実績は累計手術件数3359件
クリニック概要
診療時間のご案内
交通のご案内
分院の情報
患者さんへの講演など独自の取り組み
推薦の声をいただきました
老木医院の治療に対する考え方
手術をすべきでないケースをしっかり見極める
手術をしないほうが辛いケースは思いのほか多い
老木医院の診療に対する姿勢-手術は術者で決まる-
患者さんと呼ぶ覚悟
患者さんの声
耳の治療や手術を受けた方
鼻の治療や手術を受けた方
のどの治療や手術を受けた方
老木医院が行っている手術
老木医院の手術はここが違います
耳の手術に関して
鼻の手術に関して
のどの手術に関して
症状から考える必要な治療法
口内が乾燥する、舌先に痛みがある
イビキ、睡眠時無呼吸症候群があると家族に言われた
嗅覚障害がある(においがわからない・わかりづらい)
いつも鼻がつまってる
声がかすれる
耳だれを繰り返す
音が聞こえづらい
院内の様子や設備について
手術の設備について
入院の設備について
診療室や通常診療の設備について
待合室や駐車場などの設備について
手術を行うまでの流れ
1.外来受診
2.術前検査(手術日の2~3週間前)
3.手術説明(手術日の約1週間前)
4.入院・手術
5.退院後の通院処置
週末を利用した短期入院手術もあります。詳しくはこちらから。
費用について
手術費用一覧
党員の医療保険や公費負担に関する情報
患者さんへの情報提供
実際に寄せられたQ&A
慢性中耳炎で手術が必要とのこと。本当に必要?どこで受ければいいの?
2つの医院で治療方針が違います。どちらを信じればいいの?
お母さんのための中耳炎物語
点鼻液(点鼻薬)の問題点
子どもの病気の治療方針
補聴器について
費用について
やさしくわかる滲出性中耳炎
花粉症と戦うページ花粉症をぶっ飛ばせ!
みらい耳鼻科咽喉科
鼻づまり治療RESCUE
鼻づまり手術RESCUE
声の異常治療サイト
耳鼻科医のための開業支援サイト